なぜペリーは日本に来たのか?19世紀の世界事情を簡単に解説

19世紀は西洋列強と呼ばれる国々が世界中に急速に植民地を増やした時代であった。

カギを握ったのはイギリスからはじまった産業革命であり、ヨーロッパ諸国がそれに続いた。文明の利器で数々の国を支配下においていった。

当時の日本は江戸時代。徳川政権が幕藩体制と「鎖国」をもとに国を治めていた。海外の目はもちろん日本も捉えていた。当時の日本をとりまく海外情勢、とりわけイギリスとアメリカ、中国について解説する。

なぜペリーは日本に来たのか。これを読めば理解できるだろう。

“なぜペリーは日本に来たのか?19世紀の世界事情を簡単に解説” の続きを読む

江戸時代「鎖国」でも海外と交易していた事実【長崎・松前・薩摩・対馬】

江戸時代は鎖国をしていて、国を閉ざしていた。これは鎖国という単語から連想されるが、実際の日本は外国との交流がかなりあった。

外国と交流のある「鎖国」日本はどのようなものだったのか。

いっしょにみていこう。

“江戸時代「鎖国」でも海外と交易していた事実【長崎・松前・薩摩・対馬】” の続きを読む

核兵器がもたらした世界平和~人類史からみた戦争~

核兵器の登場は人類史に大変大きな影響を与えた。

核兵器と聞くと怖くて恐ろしいもので、できれば聞きたくない言葉だと思う人が多いだろう。しかし、核兵器の登場が人類にもたらした恩恵は大変大きいものだ。

私たちは核兵器のおかげで今の平和な生活が送れているのかもしれないからだ。

“核兵器がもたらした世界平和~人類史からみた戦争~” の続きを読む

お金・国家・神とはなにか?『はだかの王様』ですべてが解ける!

ンデルセン童話『はだかの王様』は経済や宗教、哲学の分野でよく引用される話だ。スイフトの『ガリバー旅行記』と並んで社会風刺として有名である。

この記事では『はだかの王様』から人間の思い込み、そして国家や神の本質について解説する。

“お金・国家・神とはなにか?『はだかの王様』ですべてが解ける!” の続きを読む

フリーメイソンと日本人の「明治維新」

ローマカトリックに対するプロテスタント運動、ボストン茶会事件にはじまるアメリカ独立戦争、フランス革命。

革命あるところにフリーメイソンあり。

これらの革命には背後でフリーメイソンが動いている。アメリカ初代大統領ジョージワシントン、独立宣言を起草したベンジャミンフランクリン、フランス人権宣言を起草したラ・ファイエットら、さらにはモーツァルト、ゲーテ、ベートーヴェンらもメイソンリーである。

革命あるところにフリーメイソンあり。もちろん日本も例外ではなかった。

明治維新。そこにフリーメイソンの痕跡があった。

“フリーメイソンと日本人の「明治維新」” の続きを読む

坂本龍馬が薩長同盟を仲介できた理由をわかりやすく説明

薩長同盟といえば幕末史の最終章の幕開けだ。ここから薩長と幕府という対立関係が顕著になってくる。

しかしそこには謎の部分が多い。

今回取りげるのは、なぜ、下級武士の坂本龍馬が薩長同盟を仲介できたのか。

そこには強大な力が働いていた。

“坂本龍馬が薩長同盟を仲介できた理由をわかりやすく説明” の続きを読む

「二重スパイ」坂本龍馬の脱藩の真意

坂本龍馬の不思議なところは、人気と業績の明確さが比例していないところにある。

みな坂本龍馬=英雄・偉人というイメージをもっているが、具体的に何をした人なのか知っている人は少ない。その中でも謎に満ちているのが「脱藩」だ。

今回は龍馬の脱藩の真意を考察する。

“「二重スパイ」坂本龍馬の脱藩の真意” の続きを読む

「坂本龍馬暗殺」新選組説など2つの説を紹介!

幕末史において、龍馬の暗殺は今もなお謎が多く残る事件だ。

事件当日の経緯や人物など、様々な学者の方々が独自の角度から数多くの説を出している。しかし、数ばかり増えるばかりで真相は未だ闇の中。

そんな人々の興味を引く龍馬暗殺について、2つの説を紹介する。

“「坂本龍馬暗殺」新選組説など2つの説を紹介!” の続きを読む

どれが本当?坂本龍馬暗殺の定説はこちら

坂本龍馬の暗殺は幕末史で必ずと言っていいほど語られる定番の事件だ。しかし、誰が龍馬を殺したのか、なぜ殺したのか、どのように殺したのか。この答えはまだ出ていない。

現在この事件については様々な視点から数多くの説が挙げられている。

今回はその中でも定説となっているものを紹介する。

“どれが本当?坂本龍馬暗殺の定説はこちら” の続きを読む

フリーメイソンを歴史上の事実として真剣に考察する。

フリーメイソンといえば陰謀論や裏社会などを連想する人が多いだろう。

いわずとしれた秘密結社である。というよりは秘密結社といえばフリーメイソンとまでなっている。

その全貌は明らかになっていないが、過去のフリーメイソンについては色々と明らか部分もある。

今回は歴史にのこるフリーメイソンについて紹介する。

“フリーメイソンを歴史上の事実として真剣に考察する。” の続きを読む